慢性疲労 疲労回復 

2020年07月18日 14:27

疲労回復と副交感神経

短時間で効果を上げるために、例えば、上半身をゆるめた後にアクセスランダム波を気になる背中や腰に取り付け、その状態で次は脚をゆるめていきます。


寝ている時は立っている時と違い、足は心臓と水平に近い状態になります。心臓から下の血流が増加しやすい体勢で施術を受け、仕事の間、同一の姿勢を取ることにより特定の部位に蓄積された疲労物質を一気に拡散させ、からだが回復しやすい状態へ導きます。


デスクワーク中心の方は、肩甲骨周りや首がこりやすくなっています。希望者には背中の矯正(アンテリアソラシック)を行います。また、首回りや後頭骨下筋群をゆるめます。これにより疲労の蓄積によるパフォーマンスの低下を防ぐことを目的とします。


当院の考え方として、背骨が動きやすい状態を作るというのがあります。
そのため、背骨から引きはがすように多裂筋、腸肋筋を押すという方法を採用しています。


ですから、心地よくて眠ってしまうのがベストと思っている方には、若干合わないかもしれません。
帰る際に、背筋が伸びている、姿勢がよくなった、歩きやすいと言われることはあります。


また、よく眠れた。と言われることもあります。
背中が張っていると、寝返りの回数が大幅に減り、睡眠効率が落ちるという調査もあります。
睡眠に関しては、重要視してほしいです。寝ている時、特に最初の3時間で成長ホルモンが多くでると言われています。
疲労回復、肌の再生に最も重要な時間帯です。


眠れる理由としては、副交感神経が優位になったこと、血流がよくなったことも関係していると思われます。
また、背骨の横には、交感神経管という管があり、背中の筋肉が固いと交感神経が刺激され、その結果、
リラックスしようとしても、からだが休まらない状態になっているという可能性もあります。


疲労は貯めすぎないことが重要です。筋肉がかたくなると毛細血管が圧迫され血流が悪くなります。そうなれば痛みや疲労物質は流れにくくなり、酸素や栄養分の供給は少なくなります。

友だち追加
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)