筋肉のリラックス効果、関節可動域の増加、痛みの電気信号を阻害するカイロの矯正

2020年02月01日 11:48
カテゴリ:その他

カイロプラクティックの矯正とは

◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇

1 可動域の増加
2 筋肉のリラックス効果
3 神経信号のブロック
この3点があげられます。


一般的な手技では、どうしても浅いところへの筋肉のアプローチが中心になり、深いところまでは届きにくいと思われます。しかし、カイロの矯正は、深い筋肉に影響を与えやすいと考えられます。
ここでは、深い筋肉を俗に言うインナーマッスルと考えてください。


◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇
姿勢は下から見る
姿勢を見るときは、まず以下の3つに分類して見ていきます。
1 頭部
2 胸部
3 腰部


なぜ、下から見ていくかというと、例えば、頭部が右に傾いているように見えても、その下の胸部が右に傾いていれば、当然、頭部は曲がって見えるからです。
土台から見ていくということですね。
ですから、胸部より下の腰部骨盤周りが重要になってきます。


当院の骨盤矯正は、ドロップベッドを使用しています。理由は高齢者でもまったく問題なく使用できるからです。
まず、脚長差を見ていきますが、3センチ以上差がある人も少なくありません。


しかし、このベッドを使うと簡単に脚の長さが揃います。可能であればペアで来られると、相手を見ることができるのでおもしろいかもしれませんね。「前」と「後」を見比べることができます。
脚長差を少なくすることにより、腰部への負担も少なくなるという考えに基づいています。


◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇∞●∞◇∞◆∞〇

悪い姿勢をリセット
痛みをかばっていると、無意識に痛くない姿勢を取ろうとして、腰が逃げてしまいます。
痛いときはやむを得ないのですが、長時間その姿勢が続くと、その姿勢が記憶されてしまいます。仙骨、腸骨をつなぐ仙腸関節や腰部には固有受容器というものが多くあります。ドロップベッドを使用することにより、刺激を入れ、正しい状態にリセットし、よい姿勢を再認識させます。

***************************************************************
眼精疲労・頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・骨盤矯正・猫背矯正は、
川崎市麻生区の柿生駅前整体院 しんゆり禅寺丸カイロプラクティック ♪
新百合ヶ丘、町田、玉川学園前、鶴川、五月台、栗平からアクセス良好
日曜祝日営業♪(火曜定休)
柿生駅10秒、日曜営業、ベビーカーOK、1階、着替あり、最終受付20時
ネット予約 
URL:https://www.zenjimaru.com/p/2/
***************************************************************

友だち追加

しんゆり禅寺丸カイロプラクティック 柿生駅南口/とん鈴側 徒歩10秒 柿生美容院フリーク前/オーク歯医クリニック隣

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)