椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症で手術を勧められたら 

2019年12月19日 12:04

脊柱管狭窄症で手術を勧められたら

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症で手術を勧められたらどうするか。

これはたいへんな問題ですが、
まずは、セカンドオピニオンとしてペインクリニックを受診することをお勧めします。手術はあくまでも最後の手段と考える医師を見つけ相談するのがよいと思います。


MRIの画像と痛みは必ずしも一致しないと主張している医師も多くいます。ちなみに、椎間板ヘルニアは、ほっとくと数か月で貪食作用により自然になくなることもあります。


しかし、数か月今まで通りからだを動かせないことは、たいへんな苦痛を伴います。職場や家族の中にも手術を勧める人もいるかもしれません。


手術を回避するには、動きたいのをがまんしたり、日常生活や姿勢を見直したり、リハビリ、エクササイズなどかなりの努力が必要になります。そういう意味では手術より苦痛を伴うかもしれません。


私自身も過去に、医師にMRIの画像を見ながら説明をされ、手術が必要だと言われました。
その時はとても暗い気持ちなりました。けれども手術はせず、翌日からリハビリを開始しました。


20年以上前の話しですが、現在まったく問題なく日常生活を送っています。そして趣味でスポーツもできます。


ネット社会は多くの情報が溢れかえっています。ですから何が正しいのかを判断するのが大変です。
でも、御縁があった方には、手術を回避できる場合もあることを伝えたいです。


家族が手術を勧める場合もあるでしょう。いろいろな考え方があるでしょう。しかし、まずは別の医師の意見を聞くこと、つまりセカンドオピニオンです。手術はその後に決断すれば可能です。しかし、一度手術をすれば手術前のからだには戻れないのです。




***************************************************************
眼精疲労・頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・骨盤矯正・猫背矯正は、
川崎市麻生区の柿生駅前整体院 しんゆり禅寺丸カイロプラクティック ♪
新百合ヶ丘、町田、玉川学園前、鶴川、五月台、栗平からアクセス良好
日曜祝日営業♪(火曜定休)
柿生駅10秒、日曜営業、ベビーカーOK、1階、着替あり、最終受付20時
ネット予約 
URL:https://www.zenjimaru.com/p/2/
***************************************************************

友だち追加
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)